J2ですら勝てる気がしない。いっそJFLから出直すか辞めちゃうか
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このメンバーで練習試合をする意図って・・・?
怪我明けのファブ以外は今の内山体制で構想外(少なくともレギュラー外)の選手ばかり。
唯一想像できるのは、試合感不足を補う為ってことだけ。

若手はともかく、秀人や隊長などは試合に使われない事でそのコンディションは堕ちていく一方。勿論モチベーションも。
中堅どころの船谷や岡田等は来年の構想に入っているかも微妙。

この試合では、唯一の得点が隊長のPK。もしもハットトリックを決めたり船谷がキラーパス連発などをしても現在の状況に変化は無いだろうと予想できる。

試合前の調整試合という考え方や、西が怪我で外れる事になったのだからその調整やコンビネーションの構築と考える事は出来なかったのだろうか。

無敗神話から一転してサポの間からも欺瞞の目が出てきた内山采配。
新潟戦も交代枠を使い切れず、最後は勝ちに行くのか引き分け狙いなのかもはっきりしない采配。隊長等は全く戦力として考えていないかのごとくあまりにも少ない出場時間。サポ離れを防ぐべくフロントからの命令で仕方なくベンチに入れているのか勘ぐりたくなる。

太田と成岡をダメだしした事が彼にとって吉と出るか凶と出るか?
少なくとも彼らの活躍なくしてジュビロ浮上は無いと考えるのが現在における妥当な考え方だと思うサポは少なくないだろう。

正直、来年も内山監督で行くというのは勘弁願いたい。
なぜなら、失敗内閣であったアジウソン体制下彼も首脳陣だったのだから。責任の一旦はあるだろう。勿論社長も。

ヤンツー&名波を見て見たい。
スポンサーサイト
広報の松森情報だと頻繁に出てくるシュート練習という文言。
何を練習しているのか?ただ、シュートを打つ練習をしているだけなのか。
酷いもんだよ。シュート力の無さは。
大久保に練習を見に行っても全然入らない。たまに入れば選手からも歓声が上がる程。
試合前のシュート練習も半分は入らない。

その昔、トトやジェラやドゥンガやタカがシュート練習をしているの見た時、すげーなーって驚いたよ。ふざけながら蹴ったりしているのにキレのあるシュートが突き刺さっていたような記憶がある。
今はゴール正面で蹴っているのに右や左に外す。あさっての方向って感じで。

昨日の西のシュートにはあきれた。まるで素人(俺みたいな)が張り切って蹴るけど空振りみたいな、穴があったら逃げ込みたくなる程の恥ずかしいシュート。思わず、ヤナギか?って突っ込んでしまった。
シュート13本でそのうち半数が枠内らしい。全くそんな印象は無い。おそらくそれらは遠くから成岡あたりが打ったもので力の無い入りそうに無いものだったと思う。

林も普通にトラップしていればGKと1対1になったと思うシーンをトラップできずに終わり。
成岡を下げてから西が怪我とかチグハグな采配。

もう西のトップ下はカンベンして下さいよ。結果が出ていないんだから。それはダメって事だと思うよ、監督。
トップ下を置くシステムなら成岡タイプだと思う。それともNBOXのようなシステムにするのだったら。俊哉のように成岡を左で太田が右でも良いと思う。

とにかく、つまんない試合だったよ。
中盤の差かな!
プレスがきついなぁ、上位チームは。これが差なのか・・・

個人的には
村井・・・ヘロヘロパスを何本カットされたんだろうか。どうしたんだ?全く別人。
西 ・・・シュート精度の悪さはもはや致命的。せめて枠に飛ばせよ。
成岡・・・運動量が無いからとの理由で右サイド?間逆だと思う。スタミナが無くてサイドがやれるのか?西や加賀などとのコンビネーションも悪い。山本体制の時に彼を様々なポジションで使ってどれもダメ。ようやく結果が出たのがトップ下だったのに・・・アジウソン体制時、彼が悪くて勝てなかったわけではないのに、むしろ一番結果を残していたのに彼は外された。右サイドなら太田の方が全然良いと思う。
秀人・・・試合感の欠如からヘナギにやられた
ボランチ・・・2点取られるまで2人とも上がってこない。ファブがいたらなぁ

本当に勝てない、鹿に。

凹みました
先週のランドでのサテライト戦は大入り満員の大盛況だったそうですね。自分も関東在住だった頃なら絶対に観戦しただろう”名波サポ”注目の一戦だった。

何がびっくり!って名波が90分間プレーしたって事。動きの質はともかくピッチにたっている名波を見ていないからそれが驚きです。

磐田の選手に激励したり声をかけたり、名波コールにもこたえたみたいで、涙もんだよきっと。

ところで、昇格を目前にしている東京V。名波は自ら自分以外の人を使って欲しいとラモスに進言したと伝え聞いた。チーム内では名波先生と呼ばれているとの事。
もうすっかりコーチ業をやっていたんですね。彼もそれが好きみたい。

”選手としては戻ってこれないかもしれないが監督として戻ってくることを約束する”
今でもこの言葉を信じている。
アジウソンや山本の方針に愛想を付かして出て行った彼。
内山・柳下の方針は彼のそれと合致しているのだろうか。少なくとも2003年の天皇杯でヤンツーの為に勝とうと選手を鼓舞し優勝に導くきっかけを作ったのは彼だったから、おそらく今のサッカーは彼の描いているものと近いと想像する。

来年、彼はどうするのだろうか。
すぐに磐田に戻って現場復帰して欲しくない気がする。
少なくとも1年間は好き放題にして欲しい。ヒデみたいに遊びまくるのも良いだろう。
そして、本当にピッチが恋しくなったら戻ってきて欲しい。兄貴分として。
コーチをしてゆっくりライセンスを取って内山→柳下→名波という路線を歩んで欲しい。
これは、彼らよりも社長や経営陣に対して言いたい。
これが磐田のサッカーだという事を信念をもって続けて欲しい。

補足・・・・同じく移籍組としては、服部のミスパスは相変らずだそうです。J1では相当厳しいと知人が言ってましたから・・・・
一番喜んでいるのはウッチーかもしれないね。ユース時代の恩師だからね。

昨年、達也が大学に進学するっ!って聞いた時に、てっきり進学校出身でクラスの中で就職したのは彼だけだったって記述を思いだした。まだ若いし、サッカーで生計を立てられるかどうかわからないからチームに自分から無理を言ったのだとばかり思っていた。
本当は、戦力外による解雇だったんだね。
ユース6人が同時に入団した年、期待の星は中山2世の彼だった。
サテや練習試合でも点を取りまくった。どうしてベンチ入りすらしないんだろうと疑問に思うくらい彼の活躍は聞いていた。練習を見ても目立つ存在だった。
思えば、彼の晴れ姿を見たのは天皇杯だけだった。たしか、憧れの中山との2トップ。前半だけで交代だったような記憶が(佐川急便戦?)

ウッチーがコメントでタツヤにコーチングしそうだよと言っていたが、本当にそうだね。

試合だから大学生に負ける事は許されないが、結構いい勝負になってしまうんだよね。初戦は。
1点くらいとらせてやりたいよ、本音はね。

大学4年の間に勉学共々サッカーの実力を伸ばして、様々なチームからオファーが来る様な状況を作り出して欲しい。
そして、磐田に戻ってきて欲しい。
何がうれしいって腐っていなかったのがうれしかった。
前監督からは今年のチームのエースに任命され得点もチーム2位。
それなのにベンチすら外されるっていうのは本人にとってものすごい屈辱だと思う。
積極的にシュートで行ったところに結果が産まれたんだと思う。

上田→カレン→前田→成岡と日替わりでヒーローが出る。
この後も、太田や村井やファブやパラナやエンリケが決めて、勿論隊長が決めれば相乗効果3倍!
常勝時代はこんな感じでヒーローがどんどん出たな。

練習を見ても楽しそうにやってるし、みんなチャンスが来ると思ってるからその気でやってる。

やっぱり、監督によってここまで変るんだなとあらためて感心。
今が開幕5戦目くらいだったらなと思っちゃいます。
20071003103502
ウッチーが攻撃陣。
ヤンツーが守備陣。
終始大声が出ているのはヤンツー。
茶野は別メニュー。
エンリケは足首を軽くひねったみたい。
上田は左サイドに入る。
ブラジルトリオは全員ボランチ。
西のシュートは練習でも全く決まらない。
大井は左に入る。
トップ下は、西・翔・船谷。

真剣な練習の中でも、良いプレーには選手の中から歓声と拍手。

見ていても楽しいサッカーと感じる
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。